教室案内タイトル La Tableタイトル
La Tableホームへ 今月のお知らせ 講師プロフィール 教室案内 Bon Apetit お問い合わせ


料理記及び簡単な料理の紹介
・・・・・・2003年6月

 6月 2日
蒸し暑い季節になりました。 今日は簡単に出来る、チキンの変りペッパー焼きです
まず、まな板にブラックペッパー、花山椒(中華材料売り場にあります)を1対1の割合で適当におき、小鍋の底で、がりがりと潰します。 まだ粗いなぁ、、と思うようであれば、さらに包丁で軽く刻んでおきましょう。 鶏腿肉は1枚を4分の1カットにして
皮面にこの香辛料をまぶし付け、さらに両面に塩をします。 厚手のテフロン加工の
フライパンに油少々をひき皮面から入れ、時々返しながらフタをして、こんがりとした焼き色を付けながら火を通します。 いったん皿に取り出し、余分な油を捨て、
フライパン醤油、ナンプラー、ハチミツを入れソースを作り、肉を戻して絡めます。
嫌いでなければ香菜を添えていただきましょう。 ビールにも、軽い白ワインにも、
温かいご飯にもぴったりです。

     



 6月11 日
とうとう今年も梅雨に入りました。 今日は山椒の実を使ったたドレッシングの紹介です。  この時期、八百屋さんでフレッシュの山椒の実が出回っています。
季節の物なので、多めに買って冷凍保存しておくと良いでしょう。
 山椒の実は細い枝の部分を丁寧に省き、包丁で微塵切りにします。 出来るだけ
細かく切り、小1杯分ほど用意します。 これをボールに入れ、バルサミコ酢 大1、
オリーブオイル 大3、 レモン汁 小1、 醤油 大1、 を加え良く混ぜ、味を見て
塩を足します。   このドレッシングですが、普通の葉野菜の他蒸した鶏肉、イカなどにかけても、また葱やミョウガの千切りにも合いますので、ぜひ試してみて下さい

      



 6月23日
今回は、とっても簡単なワインのつまみをご紹介します。
「鶏砂肝とロケットのサラダ」 です。 フランスのブラッセリーではよく鶏や鴨の砂肝のコンフィを乗せたサラダがありますが、もっとあっさり簡単にしてみました。
まず砂肝は出来れば、鳥屋さんで新鮮な物を購入します。 一人分100gくらいを用意して下さい。 これをそのままボールなどに入れ、ニンニクの摩り下ろし、レモン汁、塩、コショウで下味を付け、しばらく置きます。 耐熱皿に入れ、250度のオーブンで15分〜20分焼いて火を通します。 この際、油などは不要です。
その間にサラダを用意します。 ロケット(ルッコラ)は水洗いし、適当に千切ります。 クルミオイル3対シェリービネガー1の割合で混ぜ、塩、コショウで味を整えます
このソースでロケットを合え、皿に盛、砂肝を上に散らして乗せます。
冷たい白ワインでどうぞ。
      



 6月 日

      




最新の日記に戻る

ホームへ戻る

ページの上へ


La Table